禁煙 見聞録

禁煙に関する情報や、禁煙グッズの紹介等をしています、
あなたが禁煙をするときに、少しでも参考になればうれしいです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
禁煙グッズ
PROFILE
SEARCH
<< 禁煙シールニコチネルTTSとは | main | 禁煙タクシーの現場について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
妊娠中の禁煙の必要性について
妊娠中の喫煙が原因となって起きる病気としては胎児の出生時における低体重があります。お母さんが妊娠中にタバコをすう量がおおいほど赤ちゃんの体重は少なくなって生まれてくる傾向にあるようです。

この妊娠中の喫煙者の生んだ胎児と健康な胎児とを比べてみると、喫煙による低体重児は健康でうまれた胎児に比べて250グラムは少ないのだという話もあります。

また、未熟児を生んでしまうという危険度も喫煙していない母親から比べると2〜3倍にも増えますし、喫煙は子供の知能の発達や体の発育にも影響してくるようです。これ等の原因としては、母親が妊娠中にタバコを吸うことで血管が細くなり、その分十分な酸素や栄養が胎児に行き渡らないのが原因であるとされています。

このほか妊娠中に起こる可能性のある病気としてはタバコの量によっては流産の可能性も出てくるようですし、早産などの起こる率にも影響を与えるという結果などもあるようです。

そのほか、出産のときに胎児の娩出よりさきに胎盤がでてきてしまうという常位胎盤早期派剥離などが喫煙による母体の血流の弱体化が原因となっておこる確率がおおきくなり、この常位胎盤早期剥離によって胎児は仮死状態になったり時には死亡して生まれることなどもありますし、この病気の喫煙者による確率はタバコを吸わない人に比べて高い数値を出していることがあるようです。

タバコを吸わない母親の場合でも、受動喫煙といってそばにタバコを吸う人がいたりすることでタバコの煙を吸ってしまうという結果になることもあります。また、妊娠中でなくてもタバコは子宮がんなどの影響もありますので女性の体には良いものとはいえないようです。

タバコは百害あって一利なしというのは、事実みたいなので喫煙者は一日も早く禁煙することをおすすめします。
| kftqg117 | 妊娠中の禁煙 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://y-okamoto.jugem.jp/trackback/26
女性の保険以前のがん知識「子宮がん」
女性の保険以前のがんの基礎知識としてここでは「子宮がん」を取り上げてお話します。子宮がんには頚がんと体がんの2種類があるそうです。最近、頚がんは20歳代の若年層では急激に増加しているとのこと。我が愛妻も要注意ってことですね・・・。 頚がんはヒトパピローマ
| 女性保険がん ウラ事情を全て暴露します。 | 2007/09/03 11:58 PM |